目的に合わせて建築シートを選択【デザインで料金が変わる】

案内

簡単に設置できる

土のう袋

吸水土のうを利用すれば、女性1人でも簡単に水害対策を行なうことができるようになります。そのため、近年吸水土のうを購入する企業が増えてきました。吸水土のうは、水を含むだけの簡単な物です。

詳細を確認する

条件に合わせて

作業員

現場シートを掲げることで、通りかかった人に宣伝広告を行なうことができます。さらに、現場シートの依頼をする際、安く、長持ちする現場シートを作ってくれる業者を選ぶようにしましょう。

詳細を確認する

金属に耐えられる刃

作業員とスーツの女性

スリット加工を行なっている業者の中には、金属や木材にでも対応できる特殊な刃を持っているところがあります。特殊な刃を持っていることで、スリット加工を行なう際にサイズがバラバラになってしまうことを防いでくれます。

詳細を確認する

初めての利用

工事現場

建築シートを依頼する際には、プリントの面積を選ぶようにしましょう。プリント面積には大きく分けて3つに分かれています。1つ目は、プリント面積がない物になります。プリン面積がないので、会社の名前だけを記載することができるシンプルな物となっています。2つ目はハーフ出力になります。ハーフ出力のケースだと、依頼側が考えてくれたデザインを半分貼り付けての物となっています。3つ目は、全面出力になります。全面出力の時は、全面がプリントとなっているので、シンプルよりもデザイン性を伝えたいのであれば、全面出力の建築シートを選ぶとよいでしょう。色々な建築シートがあるので、じっくり選んで購入するようにしましょう。

建築シートを初めて依頼する企業であれば、建築シート販売サイトを利用しましょう。建築シート販売サイトでは、初めて利用する企業でも簡単にデザインを作成することができるようになっています。一般的に建築シートを作る際には、販売業者との打ち合わせが必要となっていました。販売業者が持ってくる画用紙にデザインを記載して提出する作業まで行なわなければいけませんでした。ですが、パソコンの使いなれている人であれば、業者をわざわざ呼ばなくても自分達のパソコンでデザインすることができるのです。ですが、パソコン操作が苦手だと感じている人であれば、お見積りやお問い合わせの電話で建築シート販売業者と打ち合わせを行なうことも可能となっています。

Copyright© 2016 目的に合わせて建築シートを選択【デザインで料金が変わる】All Rights Reserved.